運輸事業

~ 運輸事業が持つ社会的役割を自覚し、
物流によるコミュニケーション社会を築く ~

高度情報化社会が進み、マルチメディア社会が確立されようとしている現在において人と人 とのコミュニケーションの大切さがクローズアップされています。

ものや情報によるコミュ二ケーション、送り手と受け手とをつなぐ物流事業に対する期待はますます高まってきてお り、高度情報化社会において、さらにその重要性が求められています。

運送事業は株式会社 豊徳の原点でもあり、主業務であるこの部門においては「EXCELL ENT(一歩秀でていること)」「EXPERT(プロの自覚を持つこと)」「EXPRE SS(迅速であること)」の行動理念の基、クライアントニーズから高い信頼を得ています。

人と人をつなぐコミュニケーターとして

紙製品・パルプ原材料をはじめ、建材製品、化学製品、機械といった多様な製品を、豊徳を拠点に全国各地の運輸企業とのチームワークを原動力として、強力な「輸送ネットワーク」により、幅広いクライアントニーズに応えています。

運輸事業1
運輸事業2

運輸事業3
ネットワークを最大限に活かし、
運輸業務をオールラウンドに展開

この輸送ネットワークは、関西・関東・東北・九州・北海道まで、全国40社を超える企業にわたり、トラック・トレーラー運送や無人航走等の業務は、輸送網を最大限に駆使して、安全にそしてスピーディーに行われています。

また、海運・港湾荷役部門においても、日本通運、オーシャン東九フェリー、新日本海フェリーとの連携を行い、輸送ネットを構築しています。日本製紙グループにおける運輸事業の要として、ネットワークを最大限に活用し、陸・海を問わず、運輸業全般にわたってグローバルに展開。運輸事業のスペシャリストとして、お客様の多様な期待にお応えしています。